SANDALPHONジャーナル

みんなどうやって保管してる? コスメの管理法

コスメの使用期限ってあるのかな

出典元:https://www.shutterstock.com

化粧品には使用期限は書かれていませんから、ずっと使えるのでしょうか。

実はそうではありません。期限は書かれていませんが、実は使用期限があります。

一般的に化粧品はいつ製造されたものか、食品のようにパッと見てわかるように表示はされてはいません。

ですが、未開封で3年は品質が保たれるように作られています。

化粧品の成分はほとんどが水分です。使えばゴミやほこりなどがどうしても混じってしまい、品質が落ちることも考えられます。そのため、開けたらできるだけ3カ月から半年ほどで使い切るようにするようにしましょう。

ただ、使う季節や保存状態によっても品質が変わってしまう可能性もあります。ちょっと色が変わってきたかも…と思ったら、使うのを止めた方がいいでしょう。

また、防腐剤の入っていない化粧品には『開封後は冷蔵庫で保管してください』と書かれているものもありますので指示をしっかり守ることが大事です。

コスメも清潔感が大事です

出典元:https://www.shutterstock.com

化粧品は清潔に使うようにすれば、最後まで気持ち良く使うことができます。

少しでも劣化させないようにすること

直接手で触らないようにすることです。

化粧水や乳液などを使う時はスプレーやポンプ式なら直にさわることはありませんが、そうでないときはコットンに取るようにして使うようにします。

フタを閉め忘れたり、中途半端だと空気に触れてしまい、劣化の原因になるので注意しましょう。

容器に入ったクリームはてを入れずにヘラなどを使って取るようにします。

また、多く出し過ぎてしまったからと戻さないことも大事です。

洗えるものは洗って清潔に使うこと

メイクのブラシやスポンジは汚れたままにせず、こまめに手洗いすること。洗ったらしっかりと乾かすことが大事です。生乾きだと逆に雑菌を増やしてしまうことになるので注意しましょう。

使ったら忘れずに掃除すること

化粧水などを使った後は、容器の口元をティッシュなどできちんと拭き取りましょう。そのままにしておくと夏場は傷んでしまい、糸を引いたり、カビの原因にもなります。

コスメの正しい保管方法

出典元:https://www.shutterstock.com

化粧品のほとんどは水分です。

ですから、直射日光があたったり、30度以上になる場所、高温多湿の場所のほか、温度差が極端にある場所に長く置けば、いくら防腐剤が入っていても腐る原因になるので避けるようにします。

また、お風呂から上がったらすぐ使えて便利だから…とバスルームや洗面所などに置いておくと、雑菌が繁殖してしまう恐れがあります。バスルームや洗面所はジメジメしていてカビが生えやすい場所ですし、化粧品の中にもシャワーや湯気などの水分が混じってしまう可能性もあります。

それに化粧品の中にはクリームなど水分を嫌うものもあるので、バスルームや洗面所も不向きです。

じゃあ、冷蔵庫に入れておけばいいじゃない? と、何でもかんでも冷蔵庫に入れてしまうのも問題です。なぜなら、使う度に冷蔵庫から出し入れすることで温度変化が大きくなり、それが原因で品質が落ちてしまうことになるからです。

化粧品はできるだけ湿気が少なく、風通しのいい場所を選んで置くようにしましょう。そうすることで気持ち良く最後まで使うことができますよ。

化粧品はデリケート! 早めに使い切るのがベスト

出典元:https://www.shutterstock.com

開けたらできるだけ早めに使い切るようにするのが◎。

いくらきちんとフタを閉めても、直に触らないようにしても、フタを開ければどうしても空気に触れてしまい、空気の中に漂っているほこりも入ってしまいます。

開ける度に品質低下は徐々に進んでしまうので、できるだけ早めに使いきるようにしましょう。

また、保存方法と使い方によっても使用期限は変わってきます。

たとえ同じように使っても季節や気温によっても違ってくるので、一概にはいえませんが、開けたらできるだけシーズン中に使い切るようにするのがベストです。

ただ、シーズン中に使い終わらなければ、来年も使えるかというと、きちんと正しく保管されていれば使えます。しかし、保管もなかなか難しいものですし、本当に悪くなっているのかどうかも判別できません。その上、気分的にも『これって本当に悪くなっていないのかな?』と心配しながら使うのも心理的にイヤなものです。


食品のようにきっちりと期限が書かれていればわかりやすいのですが、化粧品はよくわからないのが現実です。しかも、買った時が製造されてどのくらい経ったものなのかもわかりません。毎日肌につけるものですから、劣化しないうちに使い切るようにしましょう。

facebook
line
twitter

No image

  • 必見!基礎化粧品の効率の良い使い方についてのおさらい
    必見!基礎化粧品の効率の良い使い方についてのおさらい

    基礎化粧品の効果を高めるような使い方は、そのアイテムを必ず順番通り、適量使うということに尽きます。そこを間違ってしまうと、基礎化粧品を使っても台無しになってしまうのです。確かな効果は正しい使い方次第であることを知っておいてください。

  • 日焼け止め成分の危険性と正しい塗り方のポイントを知ろう!
    日焼け止め成分の危険性と正しい塗り方のポイントを知ろう!

    紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の効果の違いを知っていますか? この記事では、この2つの成分を知り効果的な日焼け止めの使用方法がわかります。 日焼け止めの塗り方のコツをつかんでUVケアの達人になっちゃいましょう!

  • うっかり日焼け、今すぐにでもやるべきケア方法
    うっかり日焼け、今すぐにでもやるべきケア方法

    「日焼け止でUVケアは完璧!」ではないのが日焼けの怖いところです。 日焼けによる肌へのダメージは、年を重ねつごとに蓄積していきます。 そこで、大事なのが日焼け後のスキンケアが重要です。 日焼け前も日焼け後も気をつけて、未来の自分に美肌を残してあげましょう!

  • あなたの憧れの小顔まで何cm?小顔の基準を紹介します♪
    あなたの憧れの小顔まで何cm?小顔の基準を紹介します♪

    テレビや雑誌でよく目にするモデルさんはみんな「小顔」ですよね。しかし、どこから小顔なのか、「小顔の基準」を把握してる人は少ないのではないでしょうか。そこでこの記事では、小顔の基準についていくつかの視点からご紹介します。

  • どうしてこんなに眠いの?スッキリ起きるためにできること
    どうしてこんなに眠いの?スッキリ起きるためにできること

    朝眠くてなかなか起きられないという人も多いでしょう。そのような時にスッキリ起きるための方法を紹介します。

  • 崩れにくいベースメイクのやり方とは!?
    崩れにくいベースメイクのやり方とは!?

    一日中崩れ知らずのベースメイクのポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。今回は、崩れにくいメイクの方法を紹介します。

  • いつまですっぴん風?諦める前に本当のすっぴん美人を目指してケアを
    いつまですっぴん風?諦める前に本当のすっぴん美人を目指してケアを

    女性にとって、すっぴんは見せらない!というのは、老化現象の第一歩です。あまりにも、残念なことですのでこれを機会に、すっぴん美人をもう一度、めざしてみるのはいかがでしょうか??

  • ちょっとした工夫で大きな効果!小顔を手に入れるメイクを教えます♡
    ちょっとした工夫で大きな効果!小顔を手に入れるメイクを教えます♡

    小顔になりたい!と願うのは、女性なら誰しも同じです。でも、そんな小顔の悩みもメイクをひと工夫するだけで、すぐに解決できます。 今回の記事では、誰でも簡単に小顔になれるメイク術をご紹介いたします。 いつものメイクに少し工夫をして、小顔を手に入れましょう!

  • 冬の汗にも勝つ!!メイク崩れ対策アイテム
    冬の汗にも勝つ!!メイク崩れ対策アイテム

    メイクをバッチリ決めても、汗をかいてメイクが台無し...。メイク崩れを避けて一日を乗り切るのは至難の業です。今回ご紹介するアイテムはリピーター続出!これを機に導入してみてはいかがでしょうか?

  • あなたは大丈夫?敬遠されるインスタのNGな使い方って?
    あなたは大丈夫?敬遠されるインスタのNGな使い方って?

    女子力のアピールに欠かせないツールの一つにインスタがあります。いいねの数やフォロワー数は、現代女子力のステータスだから、一生懸命アップしている女性が増えているのですが、NGのアップをしていませんか? これから紹介する方法をとっている女性は、女子力を下げてしまっているかもしれませんよ。