SANDALPHONジャーナル

日焼けだけじゃなかった?シミの原因を突き止めろ!

シミができる原因

ウインタースポーツなどを思い切り楽しめる季節になりました。しかし、美容を気にする女性にとって避けては通れないのが「日焼け」です。
紫外線はシミの原因の大部分を占める厄介なものですが、実はシミの原因というのは紫外線だけではありません。今回は、シミができる原因と、ケアをする上で注意すべきポイントについて紹介していきます。

紫外線

シミができる原因の大部分となるのが「紫外線」です。太陽から発せられる光には気分を明るくする作用がありますが、強力な紫外線が肌に当たると素肌に大きな負担をかけてしまうことがあるので注意しなければなりません。

紫外線が肌に当たるとダメージから体を守るためにメラニンという色素が作られます。これが肌の表面に送られて沈着することで、シミができてしまうのです。

紫外線はシミだけでなく、肌老化の原因の8割を占めるとも言われる厄介なものです。できる限り紫外線を直接浴びないように対策をすることが大切です。

活性酸素

人間は酸素を吸い込むことで生命活動を維持することができます。しかし、何らかの原因で過敏に反応する活性酸素というものに変化すると、これが体内の細胞を傷つけて肌老化を促す原因となってしまうので注意しなければなりません。

活性酸素が増えると、これに対抗するためにメラニン色素が多く作られるようになります。そうなると前述のように肌の表面に色素が沈着してシミになってしまうのです。活性酸素はストレスなどの外部刺激などでも増えるので、普段の生活にも注意しなければなりません。

女性ホルモンバランスの乱れ

シミにも色々な種類がありますが、ほおのあたりに左右対称にできる「肝斑」というシミは、女性ホルモンのバランスが乱れることで起こると言われています。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンという2種類ありますが、これが互いにバランスを取りあって存在しています。

ところが加齢などによってこのホルモンのバランスが変化し始めると、肝斑などのシミができるようになってしまうのです。特に、肌の弾力を保つためのエストロゲンの減少はシミだけでなくシワなどの原因にもなるので注意しましょう。

その他の外部刺激

スキンケアの際などに顔をこすると、素肌に刺激が加わり、脳は肌を守ろうとメラニン色素を大量に生成するようになります。そのため、スキンケアの際などの外部刺激によってもシミができやすくなるのです。

肌は思っている以上にデリケートなものなので、面倒だからといってケアを乱雑に行うのではなく、肌をいたわっておこなうことが大切です。優しくスキンケアをすることで素肌への刺激も少なくなり、きれいな状態を維持することができるようになります。

シミのケアで大切なこと

シミのケアをする際には、とにかく「優しく」を心がけることです。外部からの刺激や紫外線などのダメージによって素肌が傷つくと、肌を守ろうとしてメラニン色素が大量に作られ、これがシミになってしまうのです。

普段から紫外線ケアをすることも大切ですが、肌の潤いが足りていないと乾燥でデリケートな状態になり、少しの刺激でも肌には大きな負担をかけてしまうこともあります。しっかりと保湿ケアをするなどして、素肌を健康的な状態に保ちましょう。

facebook
line
twitter

No image

  • 今からでも夏に間に合う?エステ脱毛・医療脱毛にかかる期間とは?
    今からでも夏に間に合う?エステ脱毛・医療脱毛にかかる期間とは?

    夏は肌を露出する時期なので、ボディケア、中でも特にムダ毛ケアが欠かせません。夏本番に間に合うようにするには、いつから施術を受けたら良いのでしょうか?今回は、エステ脱毛や医療脱毛にかかる期間をご紹介いたします!

  • もしかして間違ってる?エクササイズの落とし穴
    もしかして間違ってる?エクササイズの落とし穴

    「今年こそは、痩せるぞ!」とダイエットを始めるも三日坊主で終わってしまうガールズ諸君。 短期間で、痩せようとして無理な食事制限やエクササイズをしていませんか? 憧れの引き締まったボディーを目指すために、エクササイズの注意点を一緒に学びましょう!

  • 隠すケア!韓国で人気なニキビパッチとは?
    隠すケア!韓国で人気なニキビパッチとは?

    女性のお肌を悩ませるニキビ。ニキビを効率よく治す「ニキビパッチ」というアイテムをご存知でしょうか?ニキビパッチは、韓国で生まれのスキンケアアイテムで、日本でもじわじわとシェアを広げており、注目度が高まっています。

  • 日焼け止め成分の危険性と正しい塗り方のポイントを知ろう!
    日焼け止め成分の危険性と正しい塗り方のポイントを知ろう!

    紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の効果の違いを知っていますか? この記事では、この2つの成分を知り効果的な日焼け止めの使用方法がわかります。 日焼け止めの塗り方のコツをつかんでUVケアの達人になっちゃいましょう!

  • うっかり日焼け、今すぐにでもやるべきケア方法
    うっかり日焼け、今すぐにでもやるべきケア方法

    「日焼け止でUVケアは完璧!」ではないのが日焼けの怖いところです。 日焼けによる肌へのダメージは、年を重ねつごとに蓄積していきます。 そこで、大事なのが日焼け後のスキンケアが重要です。 日焼け前も日焼け後も気をつけて、未来の自分に美肌を残してあげましょう!

  • 小顔ローラーって本当に効果があるの!?
    小顔ローラーって本当に効果があるの!?

    小顔効果をうたっている美容アイテムのひとつに、小顔ローラーがあります。最近では100円ショップでも売られていますよね。しかし、その効果は本当にあるのでしょうか?

  • 冬の汗にも勝つ!!メイク崩れ対策アイテム
    冬の汗にも勝つ!!メイク崩れ対策アイテム

    メイクをバッチリ決めても、汗をかいてメイクが台無し...。メイク崩れを避けて一日を乗り切るのは至難の業です。今回ご紹介するアイテムはリピーター続出!これを機に導入してみてはいかがでしょうか?

  • いつまですっぴん風?諦める前に本当のすっぴん美人を目指してケアを
    いつまですっぴん風?諦める前に本当のすっぴん美人を目指してケアを

    女性にとって、すっぴんは見せらない!というのは、老化現象の第一歩です。あまりにも、残念なことですのでこれを機会に、すっぴん美人をもう一度、めざしてみるのはいかがでしょうか??

  • 「アイクリーム」を使う理由はしわ予防の為だった!
    「アイクリーム」を使う理由はしわ予防の為だった!

    「アイクリームって使う理由はなんだろう?」と疑問のかたも多いはず。 最近はアイクリーム商品ラインナップが豊富で、実際に効果があるが気になりますよね。 アイクリームは高価なものが多いので、しっかり見極めたいところ。 目元の皮膚の特徴から、アイクリームを使う理由がわかりますよ!

  • 崩れにくいベースメイクのやり方とは!?
    崩れにくいベースメイクのやり方とは!?

    一日中崩れ知らずのベースメイクのポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。今回は、崩れにくいメイクの方法を紹介します。