SANDALPHONジャーナル

正しい水分補給で、むくみとサヨナラ!

むくみの仕組み

立ち仕事やデスクワークの夕方の足、むくみを感じることがありますが、このむくみの原因をご存じですか?

そもそも、むくみとは何でしょう?

私たちの体の半分以上は水分でできています。
その水分は血管、リンパ管を通じて体全体に酸素や栄養分、老廃物を運んでいます。
この循環がうまくいかなくなると、血管やリンパ管から水分が漏れ出し、細胞と細胞の間に溜まってしまう状態が「むくみ」になります。
簡単に言うと、余分な水分が皮膚の下に溜まった状態です。

むくみの原因は様々ありますが、主な原因は・・・
・水分の過剰摂取、水分不足
・塩分の取りすぎ
・運動不足
・体の冷え             などになります。

今回は水分の過不足による「むくみ」について詳しく見ていきましょう。

むくみと水分

むくみの原因として「水分の過剰摂取と水分不足」があります。

水分の過剰摂取

これはなんとなく想像ができますよね。
必要以上に摂取した水分が血管から染みだし、細胞間に溜まってしまい、むくんでしまうのです。

水分不足

「えっ?水分不足でむくみが?」と思いますよね。
実は、水分不足になった体は「乾いているから、体に溜め込まないと!!」と思い、
汗や尿を出さないようにし、結果として体に水分が溜まり、むくむのです。

過剰に摂取しても、不足してもむくみに繋がってしまう水分・・・。
では、適切な水分量はどのくらいなのでしょう?

個人差があるものの、私たちの体から排出される水分量は一日2.5Lと言われています。
出ていく分はしっかりと摂取する必要があります。
代謝によって体の中で作れる量は約300ml、食事から摂れる水分量は約1Lと言われています。

2.5L-300ml-1L=1.2L

つまり、1.2Lは飲み物から摂取しなければなりません。

上手な水分補給

一日に飲み物から摂らなければならない水分量が1.2L。
1.2L、なんとペットボトルの大きいサイズの一本分です!
結構な量ですよね?
どのように摂取するといいでしょうか。

まず、水分を失いやすい状況としては、「入浴時」「睡眠時」です。
入浴時:約800ml
睡眠時:約200ml
これだけの水分が失われます。

習慣として、コップ一杯(約200ml)を起床時、入浴前、就寝前に飲みます。
200ml×3回で600mlが摂取できます。

残り半分は、日中こまめに摂ります。
30分から1時間に一回くらいのペースで、喉が渇く前に飲んでください。
日中500mlのペットボトルを目安に飲むとわかりやすいですね。

喉が渇いた、水分をとらないと・・・と思い、がぶ飲みするのはかえって危険です。
血液中の塩分濃度が一気に下がり、尿が出やすくなり、脱水を起こす可能性があります。
水分はこまめに摂りましょう。

むくみの解消方法

上手に水分を摂取していてもむくんでしまうこともあります。
むくみの解消法をいくつかご紹介します。

水分は常温で

冷たい水を飲むと体が冷えてしまい、むくみやすくなります。

塩分の多い食事には気をつけましょう

塩分の多い食事をすると、体の中の塩分濃度を一定にしようとし、水分を溜め込みます。
夏野菜のキュウリやスイカなどは、体内の塩分量を整えてくれるので積極的に摂ってみてくださいね。

デスクワークなど同じ姿勢を続ける時にはストレッチを

溜まってしまった水分をストレッチすることで流してあげましょう。

シトルリン

スイカから見つかったスーパーアミノ酸で、血管を拡げて血行を良くしてくれると言われています。
サンダルフォンボディスムーサー、ザ・モデルフェイスジェルやクリームにも配合しているので、ぜひ使ってみてくださいね。

上手に水分を摂取して、足のむくみとサヨナラして、すらりとした足首でサンダルや水着を楽しみましょう。

facebook
line
twitter

No image

  • 女子力アップには体の中からキレイに。2019年要注目の新サプリ3選
    女子力アップには体の中からキレイに。2019年要注目の新サプリ3選

    今年こそ痩せたい!きれいになりたい!と女子力をくすぐるサプリメントとの出会いは、女性をわくわくさせるものです。今回は2019年に注目されている新しいサプリメントをご紹介します。

  • 日焼け止め成分の危険性と正しい塗り方のポイントを知ろう!
    日焼け止め成分の危険性と正しい塗り方のポイントを知ろう!

    紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の効果の違いを知っていますか? この記事では、この2つの成分を知り効果的な日焼け止めの使用方法がわかります。 日焼け止めの塗り方のコツをつかんでUVケアの達人になっちゃいましょう!

  • うっかり日焼け、今すぐにでもやるべきケア方法
    うっかり日焼け、今すぐにでもやるべきケア方法

    「日焼け止でUVケアは完璧!」ではないのが日焼けの怖いところです。 日焼けによる肌へのダメージは、年を重ねつごとに蓄積していきます。 そこで、大事なのが日焼け後のスキンケアが重要です。 日焼け前も日焼け後も気をつけて、未来の自分に美肌を残してあげましょう!

  • 小顔とリラックスと舌の関係とは?
    小顔とリラックスと舌の関係とは?

    キュッと引き締まった健康的な小顔をあきらめていませんか? 舌まわりがほぐれることによって得られる効果や、簡単に出来る舌まわりのストレッチをお伝え致します。

  • どうしてこんなに眠いの?スッキリ起きるためにできること
    どうしてこんなに眠いの?スッキリ起きるためにできること

    朝眠くてなかなか起きられないという人も多いでしょう。そのような時にスッキリ起きるための方法を紹介します。

  • 崩れにくいベースメイクのやり方とは!?
    崩れにくいベースメイクのやり方とは!?

    一日中崩れ知らずのベースメイクのポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。今回は、崩れにくいメイクの方法を紹介します。

  • 「アイクリーム」を使う理由はしわ予防の為だった!
    「アイクリーム」を使う理由はしわ予防の為だった!

    「アイクリームって使う理由はなんだろう?」と疑問のかたも多いはず。 最近はアイクリーム商品ラインナップが豊富で、実際に効果があるが気になりますよね。 アイクリームは高価なものが多いので、しっかり見極めたいところ。 目元の皮膚の特徴から、アイクリームを使う理由がわかりますよ!

  • 小顔ローラーって本当に効果があるの!?
    小顔ローラーって本当に効果があるの!?

    小顔効果をうたっている美容アイテムのひとつに、小顔ローラーがあります。最近では100円ショップでも売られていますよね。しかし、その効果は本当にあるのでしょうか?

  • あなたは大丈夫?敬遠されるインスタのNGな使い方って?
    あなたは大丈夫?敬遠されるインスタのNGな使い方って?

    女子力のアピールに欠かせないツールの一つにインスタがあります。いいねの数やフォロワー数は、現代女子力のステータスだから、一生懸命アップしている女性が増えているのですが、NGのアップをしていませんか? これから紹介する方法をとっている女性は、女子力を下げてしまっているかもしれませんよ。

  • 2020年は小顔に挑戦!身近なマッサージや体操をご紹介
    2020年は小顔に挑戦!身近なマッサージや体操をご紹介

    女性ならば誰でも、小顔に憧れます。美容整形に行かずに自分で小顔に近づける方法を伝授いたします。まずはこまめなお手入れから始めてみませんか?小顔は毎日のマッサージやお手入れで少しずつ維持できるようになるものなのです。美容系のマッサージは継続こそ力なりです。