SANDALPHONジャーナル

崩れにくいベースメイクのやり方とは!?

メイクというとどうしても華やかな目元や口元に力を入れたくなってしまいますが、最も大切なのは実はベースメイクなのです。ベースメイクがきれいに仕上がっていないと、メイク全体にまとまりが出なくなってしまいます。

反対に美肌を作ることさえできれば、ナチュラルメイクでも美しく仕上げることができるのです。ということで今回は、ベースメイクが崩れてしまう原因とともに、きれいに仕上げるためのポイントについて紹介していきます。

ベースメイクが崩れる原因

ベースメイクをどんなにきれいに仕上げても、1日を過ごしている中で崩れてしまうのは悲しいものです。では、どうしてベースメイクは崩れてしまうのでしょうか。

ベースメイクを崩してしまう原因は大きく分けて「汗」「乾燥」「皮脂」の3つです。夏場などは特に汗をかくことが多くなりますが、水分によってベースメイクがよれたり、落ちたりしてしまうのです。

また、皮脂によっても同様にベースメイクは落ちやすくなってしまいますし、乾燥すると素肌がひび割れやすくなるので、これもベースメイク崩れの原因となります。

ナチュラルで崩れない、ベースメイクのポイント

薄く塗る

肌にコンプレックスがある人は、肌をなんとかカバーしようとして知らず知らずのうちにベースメイクが厚くなってしまうこともあります。しかし厚塗りをすると、全体がしっかりと素肌と密着しないので、汗や皮脂などによってよれやすくなってしまうのです。

ベースメイクをするときにはできるだけ薄づきを心がけて、肌にしっかりと密着させることがポイントです。カバー力の高い下地やファンデーションを使えば、薄づきでも肌をきれいにカバーすることはできます。

スポンジを使う

手を使って下地やコンシーラー、ファンデーションなどを使うという人も多いでしょう。もちろん手で塗ってもいいのですが、メイクがよれやすいという場合にはスポンジを使ってみるのがおすすめです。

指でなじませようとしても限界があるのでどうしてもムラができてしまい、メイクはよれやすくなってしまいます。スポンジを使うと、ファンデーションなどがしっかりと素肌に密着するので、落ちにくいベースに仕上げることができるのです。

下地に気を使う

どんなにしっかりと丁寧にメイクをしたところで、使うアイテムが悪いと結果的にメイクはよれやすくなってしまいます。ベースメイクをする場合には、密着度の高いアイテムを選ぶことが大切ですし、ムラになりにくいものも選ぶポイントです。

最近ではムラになりにくいように設計されているアイテムも多いですし、どうしてもどれを選んだらいいのかわからないという場合には、口コミなどを参考にしてみるのも良いでしょう。実際に使用した人のリアルな声が分かれば、不安なくベースメイクをすることがでできます。

パウダーでコーティング

ベースメイクは基本的に、洗顔をした後のきれいな素肌に化粧水などのスキンケア用品を塗って、素肌の状態を整えてからつけます。最初は化粧下地をつけてファンデーションと肌との密着度を高めることが大切です。気になる部分はコンシーラーでカバーをすると良いでしょう。

ファンデーションを塗った後にベースメイクを終了する人もいますが、できれば最後にフェイスパウダーを塗って仕上げましょう。フェイスパウダーは水分をはじく設計になっているものも多いので、汗をかいたり皮脂が出たりしても影響が出にくくなります。

今回は、崩れにくいベースメイクのポイントについて紹介してきました。ベースメイクは二の次になってしまう人もいるかもしれませんが、実は最も大切なメイクのポイントなのです。しっかりと丁寧に時間をかけて行うことで、一日のメイク持ちが大きく変わってくるので、ぜひ意識してメイクに取り入れてみてください。

ベースメイクをしっかりととのえて、メイク崩れ知らずのきれいな素肌をキープしましょう!

facebook
line
twitter

No image

  • 海外女性の「ガールパワー」と女子力とはどう違う?
    海外女性の「ガールパワー」と女子力とはどう違う?

    海外の女子力”girl power”は意味が日本のものと異なります。女子力というのは日本では心の中に兼ね備えるものです。海外ではもっと強いイメージのある言葉ですが、詳しくその意味をひも解いてみましょう。

  • 友達ウケ間違いない!女子力高めのお誕生日ギフト。
    友達ウケ間違いない!女子力高めのお誕生日ギフト。

    友達の誕生日プレゼントに女子力高め!と喜んでもらえるアイテムはなに?と考えたときに、いろいろ迷ってしまいます。今回はずばり!ハズレなしのギフトをご提案します。参考になさってくださいね。

  • これで完璧!女子力高めのメモの書き方のコツを伝授します。
    これで完璧!女子力高めのメモの書き方のコツを伝授します。

    最近はスケジュール管理もすべてスマホで行う時代ですが、あえてスケジュールを直筆でつけて女子力高めのテクニックを使って可愛らしく書き込んでいみませんか?誰にでも簡単に女子力アップのメモの取り方を伝授します。

  • 目指せ大和撫子!日本ならではのフェイスパックでつるつる美肌へ!
    目指せ大和撫子!日本ならではのフェイスパックでつるつる美肌へ!

    いろいろなフェイスパックがある中、今トレンドなのは日本の古来からの食べ物由来のフェイスパックです。今回は日本人の肌にぴったりな食べ物由来のフェイスパックを5つご紹介します。

  • 美白化粧品を使っているのに効果がない?くすみを根本から改善するには?
    美白化粧品を使っているのに効果がない?くすみを根本から改善するには?

    透明感のある肌に憧れて、美白化粧品を使っている人も多いでしょう。しかし、美白化粧品を使っていても、なかなかくすみが解消されないと不満に感じることもあるでしょう。ここでは、美白化粧品のメカニズムと、くすみの原因やケア方法などについて紹介します。

  • 正しい水分補給で、むくみとサヨナラ!
    正しい水分補給で、むくみとサヨナラ!

  • 香りの力でリフレッシュ&イメチェン!トレンドおすすめアイテム3選
    香りの力でリフレッシュ&イメチェン!トレンドおすすめアイテム3選

    香りの力は偉大なものです。今回は癒しのリラックス効果を得ることができる香りアイテムを紹介します。

  • 普通の水じゃない!精製水で美肌に!?
    普通の水じゃない!精製水で美肌に!?

    精製水は使い勝手がよく、美容に役立てることができます。今回は、精製水を使った美容のポイントについて紹介していきます。

  • 透明肌の作り方
    透明肌の作り方

    女性ならいくつになっても透明感のある肌でいたいと願いますよね。 ・もう歳だから透明肌なんて… ・私は元からくすんでるから… こんな風に考えている方は多いのではないでしょうか。 今回は今日からできる、透明感溢れる美肌に近づく方法をご紹介します!

  • 今からでも夏に間に合う?エステ脱毛・医療脱毛にかかる期間とは?
    今からでも夏に間に合う?エステ脱毛・医療脱毛にかかる期間とは?

    夏は肌を露出する時期なので、ボディケア、中でも特にムダ毛ケアが欠かせません。夏本番に間に合うようにするには、いつから施術を受けたら良いのでしょうか?今回は、エステ脱毛や医療脱毛にかかる期間をご紹介いたします!