SANDALPHONジャーナル

崩れにくいベースメイクのやり方とは!?

メイクというとどうしても華やかな目元や口元に力を入れたくなってしまいますが、最も大切なのは実はベースメイクなのです。ベースメイクがきれいに仕上がっていないと、メイク全体にまとまりが出なくなってしまいます。

反対に美肌を作ることさえできれば、ナチュラルメイクでも美しく仕上げることができるのです。ということで今回は、ベースメイクが崩れてしまう原因とともに、きれいに仕上げるためのポイントについて紹介していきます。

ベースメイクが崩れる原因

ベースメイクをどんなにきれいに仕上げても、1日を過ごしている中で崩れてしまうのは悲しいものです。では、どうしてベースメイクは崩れてしまうのでしょうか。

ベースメイクを崩してしまう原因は大きく分けて「汗」「乾燥」「皮脂」の3つです。夏場などは特に汗をかくことが多くなりますが、水分によってベースメイクがよれたり、落ちたりしてしまうのです。

また、皮脂によっても同様にベースメイクは落ちやすくなってしまいますし、乾燥すると素肌がひび割れやすくなるので、これもベースメイク崩れの原因となります。

ナチュラルで崩れない、ベースメイクのポイント

薄く塗る

肌にコンプレックスがある人は、肌をなんとかカバーしようとして知らず知らずのうちにベースメイクが厚くなってしまうこともあります。しかし厚塗りをすると、全体がしっかりと素肌と密着しないので、汗や皮脂などによってよれやすくなってしまうのです。

ベースメイクをするときにはできるだけ薄づきを心がけて、肌にしっかりと密着させることがポイントです。カバー力の高い下地やファンデーションを使えば、薄づきでも肌をきれいにカバーすることはできます。

スポンジを使う

手を使って下地やコンシーラー、ファンデーションなどを使うという人も多いでしょう。もちろん手で塗ってもいいのですが、メイクがよれやすいという場合にはスポンジを使ってみるのがおすすめです。

指でなじませようとしても限界があるのでどうしてもムラができてしまい、メイクはよれやすくなってしまいます。スポンジを使うと、ファンデーションなどがしっかりと素肌に密着するので、落ちにくいベースに仕上げることができるのです。

下地に気を使う

どんなにしっかりと丁寧にメイクをしたところで、使うアイテムが悪いと結果的にメイクはよれやすくなってしまいます。ベースメイクをする場合には、密着度の高いアイテムを選ぶことが大切ですし、ムラになりにくいものも選ぶポイントです。

最近ではムラになりにくいように設計されているアイテムも多いですし、どうしてもどれを選んだらいいのかわからないという場合には、口コミなどを参考にしてみるのも良いでしょう。実際に使用した人のリアルな声が分かれば、不安なくベースメイクをすることがでできます。

パウダーでコーティング

ベースメイクは基本的に、洗顔をした後のきれいな素肌に化粧水などのスキンケア用品を塗って、素肌の状態を整えてからつけます。最初は化粧下地をつけてファンデーションと肌との密着度を高めることが大切です。気になる部分はコンシーラーでカバーをすると良いでしょう。

ファンデーションを塗った後にベースメイクを終了する人もいますが、できれば最後にフェイスパウダーを塗って仕上げましょう。フェイスパウダーは水分をはじく設計になっているものも多いので、汗をかいたり皮脂が出たりしても影響が出にくくなります。

今回は、崩れにくいベースメイクのポイントについて紹介してきました。ベースメイクは二の次になってしまう人もいるかもしれませんが、実は最も大切なメイクのポイントなのです。しっかりと丁寧に時間をかけて行うことで、一日のメイク持ちが大きく変わってくるので、ぜひ意識してメイクに取り入れてみてください。

ベースメイクをしっかりととのえて、メイク崩れ知らずのきれいな素肌をキープしましょう!

facebook
line
twitter

No image

  • 必見!基礎化粧品の効率の良い使い方についてのおさらい
    必見!基礎化粧品の効率の良い使い方についてのおさらい

    基礎化粧品の効果を高めるような使い方は、そのアイテムを必ず順番通り、適量使うということに尽きます。そこを間違ってしまうと、基礎化粧品を使っても台無しになってしまうのです。確かな効果は正しい使い方次第であることを知っておいてください。

  • 日焼け止め成分の危険性と正しい塗り方のポイントを知ろう!
    日焼け止め成分の危険性と正しい塗り方のポイントを知ろう!

    紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の効果の違いを知っていますか? この記事では、この2つの成分を知り効果的な日焼け止めの使用方法がわかります。 日焼け止めの塗り方のコツをつかんでUVケアの達人になっちゃいましょう!

  • 普通の水じゃない!精製水で美肌に!?
    普通の水じゃない!精製水で美肌に!?

    精製水は使い勝手がよく、美容に役立てることができます。今回は、精製水を使った美容のポイントについて紹介していきます。

  • 2020年は小顔に挑戦!身近なマッサージや体操をご紹介
    2020年は小顔に挑戦!身近なマッサージや体操をご紹介

    女性ならば誰でも、小顔に憧れます。美容整形に行かずに自分で小顔に近づける方法を伝授いたします。まずはこまめなお手入れから始めてみませんか?小顔は毎日のマッサージやお手入れで少しずつ維持できるようになるものなのです。美容系のマッサージは継続こそ力なりです。

  • うっかり日焼け、今すぐにでもやるべきケア方法
    うっかり日焼け、今すぐにでもやるべきケア方法

    「日焼け止でUVケアは完璧!」ではないのが日焼けの怖いところです。 日焼けによる肌へのダメージは、年を重ねつごとに蓄積していきます。 そこで、大事なのが日焼け後のスキンケアが重要です。 日焼け前も日焼け後も気をつけて、未来の自分に美肌を残してあげましょう!

  • どうしてこんなに眠いの?スッキリ起きるためにできること
    どうしてこんなに眠いの?スッキリ起きるためにできること

    朝眠くてなかなか起きられないという人も多いでしょう。そのような時にスッキリ起きるための方法を紹介します。

  • 小顔に見せるトレンドヘアで自分の魅力に気づこう♡
    小顔に見せるトレンドヘアで自分の魅力に気づこう♡

    小顔を目指すには、ダイエットやエステなどある中で、ヘアスタイルを工夫するのが一番の近道ですよね。 今回は、トレンドも押さえたおしゃれ感と小顔効果もバッチリなヘアスタイルをご紹介します♪ さらに、顔型別に小顔に見せる髪型のアドバイスもありますのでぜひ参考にしてみてださいね!

  • 「アイクリーム」を使う理由はしわ予防の為だった!
    「アイクリーム」を使う理由はしわ予防の為だった!

    「アイクリームって使う理由はなんだろう?」と疑問のかたも多いはず。 最近はアイクリーム商品ラインナップが豊富で、実際に効果があるが気になりますよね。 アイクリームは高価なものが多いので、しっかり見極めたいところ。 目元の皮膚の特徴から、アイクリームを使う理由がわかりますよ!

  • 冬の汗にも勝つ!!メイク崩れ対策アイテム
    冬の汗にも勝つ!!メイク崩れ対策アイテム

    メイクをバッチリ決めても、汗をかいてメイクが台無し...。メイク崩れを避けて一日を乗り切るのは至難の業です。今回ご紹介するアイテムはリピーター続出!これを機に導入してみてはいかがでしょうか?

  • ちょっとした工夫で大きな効果!小顔を手に入れるメイクを教えます♡
    ちょっとした工夫で大きな効果!小顔を手に入れるメイクを教えます♡

    小顔になりたい!と願うのは、女性なら誰しも同じです。でも、そんな小顔の悩みもメイクをひと工夫するだけで、すぐに解決できます。 今回の記事では、誰でも簡単に小顔になれるメイク術をご紹介いたします。 いつものメイクに少し工夫をして、小顔を手に入れましょう!