SANDALPHONジャーナル

ダイエットと美肌、両方かなえるナッツの効果

ナッツに含まれる主な栄養価とその特徴、一日の摂取量

近年、ナッツには様々な健康効果があるとメディアなどで話題です。
でも、どんなナッツを選べばいいのか、一日どのくらい食べればいいのか・・・、分からないですよね。
スーパーなどでも手軽に手に入るナッツの種類と特徴、一日の摂取量を見ていきましょう。

アーモンド 20粒/日

(ビタミンE、ビタミンB、不飽和脂肪酸、食物繊維、鉄分など)
*世界で一番生産量が多いナッツ
*強い抗酸化作用のあるビタミンEがゴマの約300倍
(抗酸化作用:必要以上に体内で作られると細胞などを傷つける活性酸素から体を守り、生活習慣病の予防やお肌の老化などから守ってくれる効果が期待されている作用のこと)

クルミ 20粒/日 

(不飽和脂肪酸、ポリフェノールなど)
*ポリフェノール含有量は赤ワインの約12倍
 (ポリフェノール:抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害な物質を無害な物質に変える作用がある植物に含まれる天然の成分)
*ナッツの中で断トツ1位のオメガ3脂肪酸の含有量
 (オメガ3などの不飽和脂肪酸については後程、詳しくお伝えします。)

ピスタチオ 40粒/日

(カリウム、タンパク質、不飽和脂肪酸、ビタミンE、鉄分、亜鉛、食物繊維など)
*栄養価が高く「ナッツの女王」と呼ばれる
*カリウムがナッツの中で一番の含有量

マカダミアナッツ 5粒/日

(ビタミンB群、ビタミンE、カリウム、ポリフェノールなど)
*肌荒れに効果のあるパルミトレイン酸がナッツの中で唯一含まれている

ナッツと言ってもそれぞれの特徴や栄養価がありますね。
バランスよく摂取したいですね。

ちなみに「ピーナッツ」はナッツと名前に入っていますが、ナッツではないのです。
ピーナッツは豆類です。

ダイエットとナッツ

まず、ナッツと聞くと、太ると思われている方が多いと思います。
実際は・・・、太ります。

ナッツは栄養価も高いですが、カロリーも高いのです。
必要以上に食べてしまうと、もちろん太ってしまいます。
でも、摂取量を守って食べることで、ダイエットの強い味方にもなってくれるのです。

ダイエットに効果のある要素は大きく分けて3つあります

クルミにたくさん入っているとお話した不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸は、常温で液体なのが特徴で、そのほとんどがオリーブオイルなどの植物オイルです。
(飽和脂肪酸は常温で固体のバターやラードなどで体内でも固体になりやすく、血液中のコレステロール値などを上げてしまい、摂りすぎると動脈硬化などの可能性が上がります。)

不飽和脂肪酸の中のオメガ3、9などは、コレステロールを分解する働きがあり、脂肪を減らしてくれ、脂肪がつきにくくなるとい嬉しい効果が期待できます。
 
次に、食物繊維です。
食物繊維は便秘の予防につながります。
これも嬉しい効果ですよね。

そして、カリウムです。
カリウムはむくみの解消にもつながります。
カップラーメンやジャンクフードなどの塩分を摂りすぎてしまった日などは積極的に摂りたいですね。

これらの栄養素が豊富に含まれているのです。

摂取量を守って食べれて、ダイエットの味方にしちゃいましょう!
ナッツは食べごたえがあり、腹持ちがいいので間食にもピッタリですよ。

美肌とナッツ

せっかく美肌になろうと思ってナッツを食べようとしても、「ナッツを食べるとニキビになる」という話を耳にしたことがあると思います。
それを理由にナッツを避けていた方もいらっしゃると思います。
でも、ナッツとニキビには医学的な根拠はないのです。
ただ、ナッツはニキビにならないわけではなく、ナッツを選ぶときに気をつけなければならないことがあります。
ナッツには、商品によって塩分やバターなどが添加されているものがあります。
この添加物がニキビや吹き出物の原因になる事もあります。
選び方などは最後にまたお伝えします。


さて、ナッツと美肌の関係に話を戻します。

ナッツには不飽和脂肪酸が豊富に含まれているのはダイエットの所でもお話ししましたね。
不飽和脂肪酸は血液をサラサラにしてくれるので、血流が良くなり、お肌の血色がよくなり、新陳代謝を高めることで肌の調子を整えて、くすみの解消にもつながります
そしてなんと、この不飽和脂肪酸は乾燥しがちなお肌にうるおいを与える働きがあるのです。

それに、ナッツにはビタミンEが豊富に含まれていて、ビタミンEは細胞の老化を食い止めてくれる働きがあるのです。

美肌の大敵の乾燥や血行不良、くすみや老化に対しても強い味方のナッツですね。

ナッツの選び方と取り入れ方

ダイエットと美肌に強い味方のナッツですが、間違った選び方をしてしまうと、効果が見込めない、もしくは逆効果の場合もあります。

ナッツは「素焼き」を選ぶようにしてください。
揚げたナッツ、塩焼きや味のついたもの、キャラメリゼなどは、カロリーも高くなり、余分な塩分や糖分を摂ってしまい、ニキビの原因になってしまったりするので、ダイエットも美肌も台無しになってしまいます。

そして、いくら効果のあるナッツでも食べすぎは、ダイエットにも美肌にもよくありません。
食べる量は守ってくださいね。

実は、ナッツも酸化してしまいます。
小分けのタイプの物や密閉容器にいれて保存してください。

ナッツの取り入れ方は、シンプルに小腹が空いたときやおやつに食べていただくのが一番手軽ですね。
食べる時にタンパク質やビタミンを吸収しやすくする効果のある牛乳と一緒に摂るとアンチエイジング効果に期待ができます。
ナッツはサラダにかけたり、ヨーグルトに入れたり、はちみつ漬けにしたりしてもおいしいので、ぜひお試しになってみてください。


ナッツでダイエットも美肌も両方、叶えましょう!

facebook
line
twitter

No image

  • ランチタイムで作る美肌のお弁当のおかず
    ランチタイムで作る美肌のお弁当のおかず

    肌のお悩み別の栄養素を上手にお弁当に入れて、ランチで美肌作りをしてみませんか?

  • 小顔ローラーって本当に効果があるの!?
    小顔ローラーって本当に効果があるの!?

    小顔効果をうたっている美容アイテムのひとつに、小顔ローラーがあります。最近では100円ショップでも売られていますよね。しかし、その効果は本当にあるのでしょうか?

  • 普通の水じゃない!精製水で美肌に!?
    普通の水じゃない!精製水で美肌に!?

    精製水は使い勝手がよく、美容に役立てることができます。今回は、精製水を使った美容のポイントについて紹介していきます。

  • 気になる場所別♡効果的なエクササイズ
    気になる場所別♡効果的なエクササイズ

    露出部分が多くなる季節がやってきました。二の腕のたるみや太股、そしてお腹まわり…少しでも目立たなくするエクササイズをご紹介します♡

  • 2020年は小顔に挑戦!身近なマッサージや体操をご紹介
    2020年は小顔に挑戦!身近なマッサージや体操をご紹介

    女性ならば誰でも、小顔に憧れます。美容整形に行かずに自分で小顔に近づける方法を伝授いたします。まずはこまめなお手入れから始めてみませんか?小顔は毎日のマッサージやお手入れで少しずつ維持できるようになるものなのです。美容系のマッサージは継続こそ力なりです。

  • 「アイクリーム」を使う理由はしわ予防の為だった!
    「アイクリーム」を使う理由はしわ予防の為だった!

    「アイクリームって使う理由はなんだろう?」と疑問のかたも多いはず。 最近はアイクリーム商品ラインナップが豊富で、実際に効果があるが気になりますよね。 アイクリームは高価なものが多いので、しっかり見極めたいところ。 目元の皮膚の特徴から、アイクリームを使う理由がわかりますよ!

  • 美白化粧品を使っているのに効果がない?くすみを根本から改善するには?
    美白化粧品を使っているのに効果がない?くすみを根本から改善するには?

    透明感のある肌に憧れて、美白化粧品を使っている人も多いでしょう。しかし、美白化粧品を使っていても、なかなかくすみが解消されないと不満に感じることもあるでしょう。ここでは、美白化粧品のメカニズムと、くすみの原因やケア方法などについて紹介します。

  • 香りの力でリフレッシュ&イメチェン!トレンドおすすめアイテム3選
    香りの力でリフレッシュ&イメチェン!トレンドおすすめアイテム3選

    香りの力は偉大なものです。今回は癒しのリラックス効果を得ることができる香りアイテムを紹介します。

  • 美容品ってどうやって選べばいいの?
    美容品ってどうやって選べばいいの?

    いつまでも若々しくきれいでいるためには、日々の努力が欠かせません。スキンケアを徹底することで、きれいな素肌を保つことができるので、スキンケア用品にも気をつかうことが大切です。ここでは、自分にあった美容品の選び方について紹介していきます。

  • 目指せ大和撫子!日本ならではのフェイスパックでつるつる美肌へ!
    目指せ大和撫子!日本ならではのフェイスパックでつるつる美肌へ!

    いろいろなフェイスパックがある中、今トレンドなのは日本の古来からの食べ物由来のフェイスパックです。今回は日本人の肌にぴったりな食べ物由来のフェイスパックを5つご紹介します。